建物解体工事

ナンセイは内装解体から建物本体の解体工事にも対応しています。
工事に際しては、解体工事のための足場づくり・養生から近隣の建物への対策、実際の解体工事、排出される産業廃棄物の中間処理まで一貫して対応することが可能です。
もちろん、工事全体のうち、一部のみのご発注にも対応いたしますので、戸建て物件からオフィス・雑居ビルまで様々な解体工事の際には株式会社ナンセイまでお気軽にご相談ください。
ナンセイの建物解体工事は現場の責任者がしっかりと管理します。
ナンセイの建物解体工事は、弊社内の規定でスキル面・コミュニケーション面など一定基準をクリアしたスタッフを現場監督として必ず1名以上配置します。
建物解体も実際に工事を始めると様々な解決すべき問題点・トラブルなどが発生します。そうした事案をあらかじめ予期し、対応方法を検討・決定するのが現場監督の役割となります。
株式会社ナンセイ本社も現場監督との連絡・確認等も密にし、これまでに積み上げてきたノウハウを工事現場で活かし、安全かつ正確な工事結果に結び付けるように尽力いたします。
全方位に行き届いた配慮に基づく工事
建物解体工事は内装解体工事とはまた異なる配慮が工事を進めるうえで重要になってきます。例えば、内装解体工事としてよくご依頼を受ける商業ビル内のテナント解体工事であれば、基本的には1フロア内の1ブロックの解体工事、という形になります。
しかし、建物解体では、2階建て以上の建造物をすべて解体するため、その経過において内装解体工事よりも、「事故」「トラブル」の頻度が高くなります。
ナンセイは建物解体において近隣の方とのコミュニケーションも含め、事故・トラブルゼロの工事を行うべく努めています。